お肌にたいせつな保湿成分について

2014年2月4日

1gにつき6リッターの水分を抱え込める能力を持つヒアルロン酸は、人間の身体の皮膚を始め色々なところに幅広く分布しており、皮膚では表皮の下にある真皮層の部分に多く含まれている性質を有するのです。
ヒアルロン酸の保水能力に対しても、セラミドが角質層において実用的に肌の保護バリア能力を発揮すれば、肌の水分保持機能がアップすることになり、更なるハリのある潤いに満ちた美肌を保ち続けることができるのです。
コラーゲンという成分はタンパク質の一つに入り、多数のアミノ酸がが鎖状につながって組成されているもののことです。人体内における全てのタンパク質のうち、およそ30%超がこのコラーゲンというものによって構成されているのです。
コラーゲンという美肌化粧品に良く配合されている成分とは、人間や動物の体内に存在する何よりも一般的なタンパク質で、皮膚や腱、軟骨、歯茎などといった身体の様々な場所に存在し、細胞組織を形作る糊のような役割を担っています。
結構浸透している高機能成分セラミドは、肌の新陳代謝の過程で合成される“細胞間脂質”を指し、3%程度の水を抱き込み、角質細胞の一つ一つをまるでセメントのように結合する大切な役割を持つ成分です。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。