太陽光によってサンタンが起きる理由

2016年11月8日

長い時間、紫外線光を浴びると日焼けするのは、大体のかたが分かってますね。日焼けの原因になる紫外線とは、一体どういった物なのでしょうか。

UVというのは、太陽の光の1つであり、タイプをA波紫外線、B波、C波に分類する事が可能です。ガラス窓の様な透き通ったものでは、太陽光a波を遮ることはできず、皮ふへと届いてしまいます。ガラスを挟んで陽光をあびていた場合や、自動車で外出をおこなうときでも、太陽光A波というものはすり抜ける為色焼けするのです。

一方、紫外線光b波についてはオゾン層でさえぎれるので、雲が多い日や、雨降りの日減退するのです。気候によって照射の量が変化する紫外線量とは、この紫外線B波なのです。

UVc波が日に焼けてしまうことに関わることはないのです。それは、太陽光c波はオゾン層を抜けられないためです。

a波というものは、ガラスを突破する事が可能であるため、肌の奥深い部分の真皮に通ってしまうのですが、有毒度合で言えばb波ほどではないといいます。

肌の日焼けしてしまうことを考えるのだったら、室内でも紫外線光をうける為、常に対処を施す必要性のある太陽光なのです。お肌の色が褐色になることが、日焼けの作用ではじゃありません。シミやくすみが増えて、肌のたるみや肌老化要因にもなってしまうものです。

UVで陽焼けをしちゃうのは、お肌を守るのにメラニンを増やす、いわば防御反応なのです。小麦色に焼けたお肌は健康なイメージを相手にあたえますが、エイジングケアの視点から考えると皮膚にとっていいこととじゃない為、日焼けの対処法が必要です。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。